修明について 

HOME | 修明について

代表あいさつ

ケアの会社としての修明

  
修明が考える「ケア」とは、他者をありのままに受け容れ、その他者のことを気遣い、考え、行動すること、そしてそれによってその他者の自己実現を助け、また自分自身も自己実現していくこと、を意味します。
そして「ケアリング」とは、ケアする人とケアされる人の関係性、つながり、絆のことを意味します。
そうしたケアリングを通じて、人と人がつながり合う共生社会の実現を修明は目指します。
 

代表取締役社長 上谷修一郎
 
 
代表取締役社長 上谷修一郎

ビジョン:私たちが生み出し得る目指すべき将来像

ケアリング

 
私たちは、
社員・お客様・地域社会の皆様への
ケアリングを通じて
人と人がつながり合う
共生社会の実現を目指します。

ミッション

 
教育としてのケアリング・サービスを通じて志望校に合格させるとともに、
変化の激しい現代社会を豊かに生きる上で一生困らない能力を養うことを使命とします。
 

修明のバリュー

私達の取り組みにおいて重視し、優先すべき価値基準は次の通りです。

私達は、チームとして協働するために次の価値基準を重視します。私達は、誠実・謙虚・正直・礼節・感謝の理念を常に持って行動します。
 
私達は、個人として自立・自律するために次の価値基準を重視します。私達は、創造・革新・挑戦・責任・成長の理念を常に持って行動します。

 

修明の価値基準
 

キャラクター
 修明学園の歴史 
キャラクター

1967年(昭和42年)

10月 東京都台東区柳橋に「学問の研鑽と人格の陶冶」という理念を掲げ、上谷良憲が修明塾を開設(学問を明らかにして修める、という漢語から命名)。

1978年(昭和53年)

5月 修明塾を法人化し、「株式会社修明学園」に改組。

1982年(昭和57年)

設立15周年記念式典を開催(都内に6校舎)。

1986年(昭和61年)

設立20周年の記念事業として、葛飾区高砂に第2修明ビル完成、高砂教室を開設(関東地方を中心に11校舎)。

1992年(平成4年)

設立25周年記念式典を開催(関東地方を中心に14校舎)。

1996年(平成8年)

11月 警備部門として株式会社ベストワンセキュリティを設立。

2000年(平成12年)

設立35周年記念式典を開催。

2004年(平成16年)

修明学園の組織内に修明セキュリティ事業部を開設。

2011年(平成23年)

設立45周年記念式典を開催・記念誌発行。

2013年(平成25年)

株式会社ベストワンセキュリティと合併し、株式会社修明 となる。

ヒューマンアカデミーと提携し「ロボット教室」のサービスを提供。

2015年(平成27年)

設立50周年記念誌発行・事業準備。

理究と提携し「ことばの学校」のサービス提供。

2018年(平成30年)

勝どき教室を開設。

2020年(令和2年)

2月 株式会社修明 代表取締役 上谷修一郎 就任。

教育事業部として、修明学園浅草橋教室・高砂教室・勝どき教室の3校舎体制で現在に至る。

会社概要

社名

株式会社 修明

資本金

3,000万円

事業内容

教育事業部(塾・予備校・家庭教師・翻訳)

セキュリティ事業部  東京都公安委員会認定第30002908号

代表取締役

上谷 修一郎(うえたに しゅういちろう)

所在地

<本部>〒111-0052 東京都台東区柳橋1丁目26番3号

連絡先 本部事務局 TEL 03-3862-9218(代) FAX 03-3862-7162

事業内容

<教育事業部>

修明塾 
(浅草橋教室・高砂教室・勝どき教室)

幼児英才教室

ロボット教室

こどもプログラミング教室

ことばの学校

英語YOM-TOX

幼児教室ストレリチア  https://hininchinouryoku.com

<翻訳事業部> 

<セキュリティ事業部> http://www.syumei-s.jp